忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 15:19 】 |
星に願いを・・・その参
「・・・んで、なにがどうしたのか、説明してくれる?」

ここはヒヨコ神社の応接にあたる部屋。

一人がけのソファにふんぞり返っているのは慧さまだ。
テーブルを挟んでその前に座っているのは、「美剣士(但し軽い)」と評判のサータルスだが、幼児を抱いている上、恐縮して縮こまっているため、小柄なはずの慧さまがやけに大きく見える。

ノッカーを連打する音で、夢の世界から現実へと引き戻された慧さまは、頗る期限が悪かった。
パジャマの上にフリースを羽織って、ジト目で腕組みしている姿からは怒りのオーラがめらめらと沸き立っている。

「あ、うん・・・そうだな・・・・」
勢いに押されるようにサータルスはぽりぽりと頬をかきながら話し始めた。



「流れ星を見たのは、エクサリアから至急の呼び出しがあったので、ファンブルグに戻る途中でな・・・」
サータルスがいきさつを語る。

「あ、それとな、あれ、流れるスピードが遅かったから流星というよりは彗星かもしれんぞ」

「彗星?」

「ああ、尾をひいていたしな。詳しくは星観(ほしみ)の榊にでも聴いてみればいい」

「ふ~ん」

「で、しばらく歩いていたら、茂みの中に光る物を見つけたんだよ。茂みの中に入っていくと、大きな岩が割れていて、光っていたのはその岩の内部だった。まぶしくて目を細めて近づいたら、岩の横に、この子が倒れていたんだ」

「ほう」

「最初は事故に巻き込まれたのかと思って顔を近づけてみたんだが、ちゃんと息をしていたんで安心したよ。それから周りを見た。親が倒れてるんじゃないかと思ってな」

「親はいたの?」

「いや、周りには誰もいなかった。そこで、不思議に思ったんだ。この子はいったいどこから来たんだろう。こんな夜遅くに、ひとりでこんなところをウロウロしているなんてありえないだろう?」

「捨てられたんじゃないの?そういう話聞くよ?」

「そうかもしれない。でもそういう感じじゃなかったなぁ。慧さまは信じられないかもしれないけど、光る岩に入って宇宙から飛来したって言う方が納得できた」

「まあ、その辺はアンタの勘が正しいかもね」

「そうしてるうちにこの子が目を覚ましたんだ」

「ふむ」

「で、私を見て怖がるどころか、ニコっと笑って、『パパ・・・』と言ったんだ」
サータルスは腕の中で寝ている子に目をやった。

「名前は?どこから来た?両親は?何を聞いても笑って『パパ』というだけだった」

「ふんふん」

「この子をこんな場所に放置していくわけにはいかないし、食事もさせなければいけないだろう?いろいろ調べるのは後にして、ひとまずファンブルグに戻ってきたわけだ」

「そして、城のビアガーデンでエクサリアとハイデッカーを交えた修羅場を演じたわけね」

「相当凄かったそうですね、なんか噂になってるようですよ、ねっ、左之助さん?」
エクサリアを寝かしつけてきた斎(いつき)は、邪気のない笑みを浮かべている。

「・・・ああ、覚悟しておくといい」
ハイデッカーを担いで宿屋にぶちこんできた左之助は真面目な顔で頷いた。


サータルスは深くため息をついた。



「というわけで、ほとぼりが冷めるまでここにおいて欲しいんだがな」
斎のいれてくれたお茶を飲み干して、茶碗をおくとサータルスは用件を切り出した。

「匿うのはいいんだけどさ、ここも相変わらずキナ臭いんだよね」

「そうなのか?」

「ちょっと派手に動きすぎたせいか、いろいろと目をつけられちゃってさ」

「王宮の衛士とかか?」

「ううん『コーアン』とか『ナイチョウ』とか?」

「なっ、なんだって?警視庁公安部や内閣調査室がヒヨコ神社に目をつけているのか!」

「どこの国の話をしてるのよ、『コーアン』って言ったら『高級アンパン検討委員会』に決まってるじゃん」

「こ、高級・・・・・・なんですと??」

「ちなみに『ナイチョウ』は『内視鏡調査推進会議』よっ」

「・・・な、なんで、そんな団体に目をつけれらてるんだ?」

「わたしが『週に一度はチョココロネ党』の幹部だからね」

「ながっ!団体名ながっ!」

「略して『シューイチ』」

「どっかからクレームが来そうだからやめておけ」

「最近出来た団体だと『拝星講』とかね」

「なんだ?その『拝星講』って?」

「講は知ってると思うけど宗教的結社のことよ。『拝星講』はその名の通り星を崇め敬う結社で、創始者のサラバスティの名前を取って『サラバ拝星講』って言われているわ」

「・・・・・・」

「あ、信じてないね、確かその辺に記録(レコード)が・・・」

「あーー、慧さま?探さんでいいから・・・」

「それにね・・・」
慧さまの顔から笑みが消えた。

「あいつらの残党が活動しているという話もね・・・」

「何だって!」
サータルスも表情を一変させた。



かつて「特異点」と呼ばれる特殊な能力を持った人間からDNA情報を抽出し、培養することによって生成したクローン兵士で最強軍を作り、国家転覆を謀った非合法組織があった。
ふとしたことから彼らと関わってしまったヒヨコ神社の面々は、協力してその研究所をつきとめ、襲い掛かる幹部研究員たちを撃破した。
そして結果的に研究所長と彼らの黒幕として王宮の要職に就く者たち数名が拘束された。

これが今から2年前のこと。

「・・・研究対象を人間以外の種にすることで合法性を主張しているようだけど、亜人間なんかも研究対象に含まれているみたいなのよね・・・」
「亜人間・・・」
この世界では亜人間と呼ばれる種族や亜人間との混血も数多く生活している。
サータルスは王立飛び研究所にいるひとりの少女の顔を思い描いた。
そして、自分をダーリンと呼び、まつわりついてくる狸少女のことも・・・。

「うん、だから飛び研のBANX所長を中心に、研究の差し止め運動が起こっているんだ」

「奴らのやっていることは生命の冒涜だ!どんな生命だろうと弄ぶことを許すわけにはいかないッ!」

彼女達の顔が、彼の膝の上ですやすや眠る幼女に重なった。
寝ているはずなのに、小さな手はしっかりと羽織を握って離さない。



サータルスは慧さまの目をしっかり見ながら切り出した。
「慧さま」

「ん?」

「この子は何者なのか、私にはわからん。現れ方から考えても恐らく人外のもの・・・いやっ、この星のものですらない可能性が高いと思う・・・」

「・・・」
慧さまは無言で続きを促した。

「私はなんとか、この子を無事に親元に帰してやりたいんだ。慧さま、協力してくれッ、頼む!」
サータルスは頭を下げた。

「・・・・・・」

「・・・慧さま?」

「・・・わかったわ、アンタたちには借りもあるしね・・・手伝ってあげる」

「ありがとう!慧さま・・・」

「そうとなったら、当面、アンタが動き易いようにしなきゃね、左の字、あれ持ってきてッ!」

ゴトゴトという音とともに左之助が運んできたのは、幅60cm、奥行き100cm、深さ80cmくらいの木箱に取っ手と木車がついたものだった。

「何だ?これは?」

「これは箱車っていうのよ、ほらここにね布団を敷いて、座ってもよし、寝かせてもよしで・・・」

「・・・慧さま?」

「・・・それで、ここに旗ざおを指してね・・・・」

「お姉さま、言われたとおりに書きましたけどこれでいいんですかぁ?」
タタタッと斎が持ってきた旗には、

「なになに『お菓子ゆで菓子祭り』・・・う~ん、惜しいけどちょっと違うわね・・・」

「お前ら!遊んでんじゃない!」

「ふぎゃぁー」
サータルスの剣幕に、腕の中の子がむずがッた。

「ほらほら、大声出すから起きちゃったじゃないっ、悪いパパでしゅねぇ・・・」
慧さまは、サータルスの腕から受け取ると、♪使徒、使徒、ピッチャー、使徒、キャッチャ~♪と、意味のわからない唄であやしている。

「でも、名前がないと不便ですねぇ・・・」
斎が首をかしげる。

「名前なんかつけない方がいいって。情が移ると別れが辛くなるわよ」
慧さまの唄が市場に曳かれていく子牛の唄になった。

「やめんかい!縁起でもないッ!」

「彗星から来た子ですから、『彗ちゃん』はどうでしょうか?」

「彗・・・」

「英語で言うならコメ・・・」
パコン。

言いかけた慧さまの頭でスリッパが鳴った。



そんなヒヨコ神社の様子を伺っている目があった。

ひとつは植え込みの中。

「ふふふ・・・こんなところに協力者がいたとは・・・、でも、逃がさない!絶対に・・・・・・」

そしてもうひとつ、植え込みよりも高い樹上にも。

ヨウヤクミツケタ・・・」



ノックの音がした。

「こんな時間に誰か・・・?」
左之助の表情が変わった。

「急な依頼者の方でしょうか?」
斎は玄関に向かい、

「は~い、どなたですかぁ?」
とドア越しに声をかけた。

「・・・・・・ですぅ」
何事か伝えようとしているのが、声が小さくて聞き取れない。

「よく聞こえないんですがー、何かご用事ですかぁ?」

「お届け物です、そちらにサータルス様がいらっしゃると聞いて・・・」
今度ははっきりと聞き取れた。声の高さからドアの向こうにいるのは女性のようだ。

「は~い。今、開けますねぇ」
斎がドアを開けると同時に飛び込んできた影。

「アタシを届けにきましたぁぁぁあああああ」
と飛び込んできた一つ目の影は、ミドルティーンの少女の姿をしていた。

「おにぃぃたまぁぁぁぁああああああ、あいたかったぁぁぁぁあああああ」
絶叫する影は、まっすぐサータルスの胸へとダイブした。

「うぉっ」
突然の襲撃に思わず抱きとめてしまったサータルスは、胸にすりすりしている少女の顔を見て顔色が変わった。

「き、貴様・・・・・なぜっ、ここがッ・・・」

「おにぃたまのあとをつけてきたんだもぉぉぉぉん」

「くそっ、人混みでまいたつもりが・・・」

「詰めが甘いね、おにぃたまゎ、でもぉ、そんなところがかわゆすぅぅぅううう」
一層、胸にすりすりする。

「は、離れろっ!離れんか!!」

しかし、慧さま以下ヒヨコ神社の面々は、そんなやり取りは微塵も気にかけてはいなかった。
彼らが対峙していたのは、同時に飛び込んできたもうひとつの影。

それは人間ではなかった。

ヒヨコ・・・しかも特大サイズのヒヨコ-ヒヨコ神社の御神体は高さ1.5メートルくらいあるが、それよりもはるかに大きなヒヨコ-だった。

そのヒヨコはバサバサッと着地すると同時に短筒を構えて言った。

オトナシク、オレノ嫁ヲダシテモラオウカ!

続く

拍手[2回]

PR
【2012/05/24 18:17 】 | メインストーリー | 有り難いご意見(0)
<<星に願いを・・・その肆 | ホーム | 星に願いを・・・その弐>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>